消費者金融キャッシングおまとめローン 増額審査と新規審査どっち?

MENU

消費者金融キャッシングおまとめローン 増額審査と新規審査どっち?

 

キャッシングをまとめたいなら、今よりもお得にできるでしょうか。

 

おまとめにおいて大切なのは、1本にまとめること、そして今よりも利息を軽減できることです。

 

この2条件をクリアできなければ、おまとめするのは考えたほうがよいでしょう。

 

 

 

増額という選択肢を選ぶ場合、現在の借入先が消費者金融では厳しいはずです。

 

ローンをまとめる方は少なくとも2社以上から借入しています。

 

すでに総量規制のギリギリまで借りている方も多いでしょう。

 

消費者金融のキャッシングでおまとめする場合、借入額は年収の3分の1以内となります。

 

総量規制では他社の借入も合算されるので、他社も含めて年収の3分の1、またはそれに近い借入がある場合は増額できません。

 

もし増額をする場合は、総量規制の対象にならない金融機関を利用する必要があるので、選択肢は銀行やJA、信金などになるでしょう。

 

よく間違われやすいケースは、クレジットカード会社、信販会社、銀行系の業者はノンバンク系のため、消費者金融と同じく総量規制の対象になることです。

 

 

 

新規で借入して一本化する場合においても、総量規制対象外のローンを利用することが多いはずです。

 

銀行やJA、信金などのローンは金利も低いので、おまとめローンとして最適なのです。

 

審査のときおまとめ目的だと告げておけば、審査に通過しやすくなる可能性もあります。

 

今まで遅延なく返済を続けていれば、信用力も高くなっているはずです。

 

おまとめという目的が明確になっていれば、消費目的の借入よりも審査に通過しやすくなることが多いのです。

 

ただし、ローンの種類によってはおまとめ不可と記載されているので、その場合は別のローンを探すことになるでしょう。

 

事前におまとめローンとして利用できるか確認しておきましょう。

 

 

 

キャッシングをまとめたい場合、増額・新規のどちらを選んでもかまいませんが、大切なのは今よりも返済が楽になることです。

 

総支払い利息が増えるような一本化は意味がありません。

 

おまとめローンを利用する前に、どの程度利息を減らせるのか把握しておくことです。

 

現在の借入額が少なく、おまとめローンを利用しても金利がほとんど変わらない場合は、

 

審査を受けるデメリットのほうが大きくなるかもしれません。

 

審査は確実に通過できるという保証はありません。

 

おまとめすることで総支払い額が数万円も減るという状況なら、一本化するのも大いにありでしょう。

 

おまとめするパターンとしては、消費者金融から銀行に乗り換えるケースが多いです。

 

カードローン支払いできない場合の救済措置と乗り換えローン

 

キャッシング・カードローンは手持ち資金が足りない時などに、手軽に借り入れを行うことが出来るメリットがあることから、普段から利用しているという方は少なくありません。

 

また申込みも普通に働いている社会人であれば、誰でも利用することが出来ることから、申込みから利用までのハードルはとても低いといわれています。

 

しかし申し込んだ当初は安定した収入があって、借り入れを行ってもきちんと返済を行えていたのに、なんらかの理由で職を辞することになり、返済をする前に収入が途絶えてしまうトラブルを起こしてしまう方も少なくありません。

 

そうなると返済期日までにお金を返すことができなくなり、複数の金融機関から借り入れを重ねてしまい、毎月の返済額が膨れ上がってしまうなどの危険も高いのです。

 

まずカードローンの返済ができなくなった場合、起こりうるトラブルの一つが遅延損害金の発生です。遅延損害金とはお金を借りた人が、期日までに返済を行わなかった時に発生する損害賠償金を指します。

 

業者のほとんどは20%に設定しており、かなり大きな金額となるので1日でも早くに返済をしないと、どんどん損害金は高くなっていきます。

 

また遅延損害金の他にも、延滞を繰り返すことで借入限度額が減らされたり、最悪の場合利用が停められてしまう恐れがあります。

 

また一つの金融機関で、長期間の延滞を放置してしまうと、遅延情報は信用情報機関に送られて記録がきちんと残ります。

 

そうなると他の金融機関とも情報は共有されるので、他の金融機関を利用して新たな借入が出来なくなるなど対策がとられてしまうのです。

 

返済がおくれるとペナルティはどんどん重くなっていくので、1日でも早く返済を心がけることが重要になってきます。

 

キャッシング・カードローンの支払いをきちんと行っていく上で、自分で把握しておかなくてはいけないことは、自分の現在のお金の流れをきちんと把握しておく事です。

 

多重債務に陥ってしまう方の多くは気づいた時に、借金が膨れ上がってしまっていたという方が大半なので、借り入れを行う前に返済額や利息、残高や完済予定などを把握しておくことで、自分の生活に見合った借り入れを行うことが可能になります。

 

複数の金融機関から借り入れを行っている場合、毎月の返済額が膨れ上がっていく危険性がたかいので「おまとめローン」を利用することをおすすめします。

 

これは複数社からの借入を一本化することが出来るので、おまとめローンを利用すれば、返済日も一度にまとめられて精神的にも楽になれます。

 

返済にかかる時間は長いですが、返済額や利息の状況をきちんと把握することが出来るので、毎月の負担を最小限に抑えて地道に返済を行っていくことが可能です。

 

また借り入れを行う際に、低金利になる上追加融資も受けることが出来る「乗り換えローン」が注目されています。

 

銀行や消費者金融のカードローンで、低金利に乗り換えたいなら圧倒的に安い銀行のカードローンが向いていると言われているのです。小額借入と借り換え利用が利用できるのでメガバンクの銀行ローンは人気が高くなっています。

 

ただ乗り換えローンのデメリットは、再度面倒な審査を受ける必要があることや、新規申し込みをする際よりも審査の通過率が低くなってしまう可能性が高いです。

 

このようの乗り換えローンとおまとめローンは、利用する人によって適切になる方法は異なるので、まずは自分の状況を把握してどちらのローンを利用したほうがいいのかきちんと決めることが重要です。

 

乗り換えローンの場合は1社の消費者金融を利用していて、カードローンの金利が高く利息額も高いと感じている方におすすめで、おまとめローンは現在消費者金融を利用しているが、過去5年以内に延滞、自己破産している方に向いています。