消費者金融キャッシングおまとめローン 増額審査と新規審査どっち?

MENU

消費者金融キャッシングおまとめローン 増額審査と新規審査どっち?

 

キャッシングをまとめたいなら、今よりもお得にできるでしょうか。

 

おまとめにおいて大切なのは、1本にまとめること、そして今よりも利息を軽減できることです。

 

この2条件をクリアできなければ、おまとめするのは考えたほうがよいでしょう。

 

 

 

増額という選択肢を選ぶ場合、現在の借入先が消費者金融では厳しいはずです。

 

ローンをまとめる方は少なくとも2社以上から借入しています。

 

すでに総量規制のギリギリまで借りている方も多いでしょう。

 

消費者金融のキャッシングでおまとめする場合、借入額は年収の3分の1以内となります。

 

総量規制では他社の借入も合算されるので、他社も含めて年収の3分の1、またはそれに近い借入がある場合は増額できません。

 

もし増額をする場合は、総量規制の対象にならない金融機関を利用する必要があるので、選択肢は銀行やJA、信金などになるでしょう。

 

よく間違われやすいケースは、クレジットカード会社、信販会社、銀行系の業者はノンバンク系のため、消費者金融と同じく総量規制の対象になることです。

 

 

 

新規で借入して一本化する場合においても、総量規制対象外のローンを利用することが多いはずです。

 

銀行やJA、信金などのローンは金利も低いので、おまとめローンとして最適なのです。

 

審査のときおまとめ目的だと告げておけば、審査に通過しやすくなる可能性もあります。

 

今まで遅延なく返済を続けていれば、信用力も高くなっているはずです。

 

おまとめという目的が明確になっていれば、消費目的の借入よりも審査に通過しやすくなることが多いのです。

 

ただし、ローンの種類によってはおまとめ不可と記載されているので、その場合は別のローンを探すことになるでしょう。

 

事前におまとめローンとして利用できるか確認しておきましょう。

 

 

 

キャッシングをまとめたい場合、増額・新規のどちらを選んでもかまいませんが、大切なのは今よりも返済が楽になることです。

 

総支払い利息が増えるような一本化は意味がありません。

 

おまとめローンを利用する前に、どの程度利息を減らせるのか把握しておくことです。

 

現在の借入額が少なく、おまとめローンを利用しても金利がほとんど変わらない場合は、審査を受けるデメリットのほうが大きくなるかもしれません。

 

審査は確実に通過できるという保証はありません。

 

おまとめすることで総支払い額が数万円も減るという状況なら、一本化するのも大いにありでしょう。

 

おまとめするパターンとしては、消費者金融から銀行に乗り換えるケースが多いです。