MENU

未成年19歳でも借りれる金融会社ある? どうしても借り入れしたいなら

 

未成年19歳でも借り入れできるローンを探している方は多いですが、

 

原則として未成年キャッシングはほとんどないので、20歳になるまで待つのが得策でしょう。

 

必然的に未成年キャッシングは学生ローンとなりますが、

 

この場合も借り入れ可能年齢は20歳以上とするのが基本です。

 

19歳に対応しているローンは非常に少ないのが現実です。

 

学生街のローン会社をすべて当たれば18歳や19歳で借り入れできる会社が見つかることもあります

 

しかし、未成年キャッシングに対応している業者は金融機関全体の1%にも満たないのが現状です。

 

クレジットカードは18歳から利用できます。

 

ローンも同じ感覚で契約できると考える方が多いようですが、実際はクレジットカードよりもワンランク上の信用力を求められ、

 

利用開始年齢は20歳以上とするのが普通です。

 

社会的に責任を取れて、安定した収入を得ていることが最低条件のため、

 

年齢は20歳以上に設定されています。

 

学生ローンと呼ばれるタイプも9割以上は20歳以上の設定になっているので、

 

未成年の時点ではお金を借りることをせずに、両親から工面してもらうのが一般的です。

 

 

都市部の学生街には未成年キャッシングの会社が存在する可能性も高いですが、

 

安定収入は必ず求められるのでバイトをしていることが前提となります。

 

学生という条件だけでは貸してもらえず、必ず借り入れる金額に対して返済する能力を求められるのです。

 

駅前の学生ローンの業者は消費者金融に分類されるので、

 

原則として借り入れできる金額は年収の3分の1以内となり、それを超えて借りるためには年収を増やす以外にありません。

 

月収3万円の学生なら年収計算で36万円となりますから、その3分の1である12万円が融資上限となります。

 

学生ローンが借りる安全ラインは10万円とされていますが、

 

これは勉学に影響しない程度の仕事で返済できる金額を考慮して決められています。

 

大手消費者金融にも学生に対応したローンがありますが、

 

専業主婦と比較しても融資限度額は低くなっていることが多いでしょう。

 

一般的に融資限度の相場は専業主婦30万円、学生10万円となり、学生が最も低くなっています。

 

専業主婦は原則として無職・無収入であることが条件であり、

 

本来であれば学生よりも返済能力は低くなるはずです。

 

ただし、配偶者の年収を審査基準にできるので、学生よりも高額の融資を受けることができるわけです。

 

未成年でお金を借りたい方は、

 

ネットで18歳、19歳の融資に対応した学生ローンを探すのがいいでしょう。

 

もし見つからない場合はバイトをして収入を得つつ、20歳になるまで待つようにします。

 

バイトをして勤続年数を重ねておけば、

 

20歳の誕生日になってローン契約をするときに有利に働くでしょう。

 

バイトは職歴にならないと考える方もいるでしょうが、働いたという履歴は残りますし、

 

何よりも収入を得ていたことは審査では好条件となるので、

 

キャッシング、融資を受けられる可能性は高くなるでしょう。

 

勤続年数1ヶ月の状態よりも、1年のほうが確実に審査で優遇されるのは間違いありません。

 

未成年キャッシングに申し込みする場合は、

 

親の同意が必要になることが多いので、ここはよく確認しておいたほうがよいです。

 

同意を得るときに親にバレることになるので、ローンの利用を親に隠しながら借りることは難しいでしょう。

 

学生が借りられる金額は10万円程度と少ないこともあり、この場合は親がお金を工面してくれることが多いようです。

 

いずれにしても未成年でお金を借りるのは難しいため、

 

自分でバイトをして稼ぐか、一時的に親から借りるという方法が得策でしょう。

 

20歳以上になれば成人になるため、自己判断でローン契約が可能となり、親の同意を得る必要はありません。