MENU

学生カードローンの在籍確認はどうするの?自宅に電話来る?

 

誰もが担保なしでお金を借りることができるキャッシングは便利な反面、職場などに在籍確認をすることになるので、バレないかどうか心配になる部分があります。在籍確認は借りる人が実際にそこにいるかどうかの確認で、働いていない人では返済のためのお金を稼いでいないので、キャッシング会社としても貸し出したくはないものです。

 

お金の返済は一部を除いて、労働によって得た収入から返していくシステムとなっているので、審査をするうえで重要な役割を果たしています。当然ながら自己申告では何とでも言えるものなので、必ず第三者による確認が重要となります。在籍しているかどうかを確認するだけなので、基本的には事業名を出さずに個人名で電話が来るものですが、職場によってはお客からの電話がないところもあるので、キャッシングだとバレる可能性もあることから借りられないという人も少なくないようです。

 

それでは、学生ローンの場合において在籍確認はどうなるのかですが、原則的に学生ローンの場合は、在籍確認の実施は行われていません。たとえ働いていたとしても社会人とは異なり、アルバイトなどの非正規社員であることが多く、手間をかけて電話をしたとしても、アルバイトだと簡単に職場を移ることができ、電話で確認する意味があまりないためです。

 

収入に関しても証明する手段がほとんどなく、自己申告によるものが基本となるため、キャッシング会社で確認するのも手間であるためです。学生ローンの場合は、何か事情があって確認する必要が出た時でも、事前に本人に同意を求めなくてはいけません。当然ながら借りる人はこれを拒否することもできますが、その際は審査が通りにくくなるので覚悟しておきましょう。

 

学生ローンは上限を50万円と定めており、上限を超えるような借り方をする人は滅多にいませんし、上限を超えなければ確認することはまずありません。少額であれば返済してもらえることもあり、キャッシング会社のほうで在籍確認をする必要もないと考えているようです。少額であれば好きにお金を借りることができますが、返済を滞らせれば相手も黙ってはいません。

 

確認の電話がなかったからといって、その後も電話が無いわけではなく、返済が遅れた分は取り戻す必要があるので、職場や自宅にも電話をかけてくるようになります。職場の上司や同僚、家族などにバレたくないのであれば、計画的な貸し借りをすることが大切です。