MENU

低金利のカードローンでお金を借りることがオススメ

 

低金利のカードローンでお金を借りることがオススメ

銀行や信販会社、消費者金融会社など、カードローンの運営会社はいくつもあります。

 

低い金利でお金を借りたいという人は、

 

クレジットカードでカードローンを使うという借り方は、やらないほうが無難でしょう。

 

総量規制という法律があり、

 

これは信販系と、消費者金融系にあてはまります。

 

総量規制は、年収の三分の一を越える金額を、一度に借りることを制限しているものです。

 

低金利で融資を受けることが難しい背景には、

 

総量規制によって借入金額が制限されているために、金利を引き下げることができないことがあります。

 

一方、銀行系のカードローンは、総量規制に該当しないものもあります。

 

年収によっては、100万円以上金額を借りることも銀行系からは可能です。

 

信用をベースにしている銀行であれば、

 

融資を受けてもトラブルにはなりにくいと考えている人もいて、カードローンでも人気です。

 

金利面でも、銀行系カードローンで高額の融資を受けて、

 

低金利で大口の融資を受けるという方法が使えます。

 

ただし、銀行系カードローンは、申込みから審査の結果が出るまでが時間がかかりますし、

 

審査は他の金融会社に比べて厳しめに設定されています。

 

低金利であれば、それに越したことはありませんが、

 

幾らの融資を受けるかによって利息のつき方は変わりますので、その点は把握しておきましょう。

 

カードローンを銀行系の金融会社で利用した場合、

 

消費者金融会社のカードローンと金利が大差ないこともありますので、要注意です。

 

あらかじめカードローンについて調べて、金利がどのくらいかは把握しておきましょう。

 

 

低金利カードローン審査通過の秘訣!

 

消費者金融に比べると魅力的に映るのが低金利カードローンになります。ただし審査に対して不安を持っている人も多いのが実情であり、低い金利が魅力だけれど避けてしまう傾向にあるのも低金利カードローンです。しかしそうであってもその特徴を掴むことによって、そこまで避ける必要がないカードローンになります。だからこそ審査通過の秘訣を前もって知っておくようにしましょう。そうすることで臆することなく申し込みができるようになるはずです。

 

まず審査に通過するために必要な要素を知っておきましょう。一番もっとも重要視するべき点は、働いていることになります。正社員といった信用度が確立された属性を持っていることが一番適していると言えるでしょうが、もっとも重要なことは収入を得ていることになります。よって正社員といった属性はあまり気にしないようにしましょう。

 

低金利カードローンといえば銀行になり、消費者金融に比べると厳しいイメージを持たれることも多いですが、働いてしっかり安定した収入があれば、十分通過するチャンスが広がりますので、ここだけはしっかりとおさえておくようにしましょう。

 

それに続いて重要になるのが、他社との借り入れです。これが多いようなケースは、低金利カードローンに限らず、貸金業者全般で難しくなると言えるでしょう。総量規制があり、これは年収の3分の1以上を借りることができない規制となっています。主に消費者金融が該当していることになり、低金利カードローンを提供する銀行は当て嵌まらない規制となっていますが、それでも返済できる能力として年収の3分の1は大きな目安となっていることから、これが超えるようなケースになると、通過も難しくなるでしょう。ひとつの目安として収入の3分の1がありますので、どんなに総量規制に引っ掛からない銀行カードローンであったとしても、必ずしも免責されるものではないことを知っておきましょう。

 

また以前に何等かの金融事故を起こしているケースになると、難しくなります。たとえば債務整理もそのひとつです。いろんな債務整理がありますが、それぞれにいわゆるブラックリストに掲載される期間が異なっています。最長になる自己破産になると、ブラックリストに掲載されている期間が長くなることで借りることができません。また過去に返済を怠っている期間がある場合も、通過する機会を失う可能性が高くなります。何をしても通らない要素となりますので、その期間が過ぎるまで地道に待つしかありません。

 

このように3つのポイントをおさえることで、低金利カードローンの審査の通過が見えてくることになります。他にも居住の形態や所帯の年収も左右されることになりますが、ほとんどこの3点が主にみられることから、よく確認しておくようにしましょう。低金利だからといって必ずしも審査が厳しくなるわけではありません。見ているポイントは消費者金融と同じであることも理解しておきましょう。

 

ネット系低金利カードローンの選び方 おすすめは?

 

今はインターネットを利用して、簡単にカードローン比較をすることができます。

 

オンライン融資をするネット系低金利カードローンは、毎月の返済額を減らしたい方におすすめです。

 

借入・返済ともにネットからできるので、忙しいときも気軽に利用できるのがメリットです。

 

 

 

効率のよいネット系低金利カードローンの選び方は、銀行ローンの金利を比較してみることでしょう。

 

ネット融資に対応している銀行カードローンの金利比較をして、低金利で融資してくれるところを探してください。

 

低金利カードローンは審査が難しいと言われていますが、審査の結果は挑戦しないとわかりません。

 

消費者金融で借りられない人が銀行に申し込みしたら、一発で審査に通過できたという方もいるのです。

 

審査基準は利用者に知らされることはないので、審査に通過するかどうかは事前に判断することはできないのです。

 

審査に難しいと思っていても、あっさり通過できる可能性はあるので、低金利ローンから優先的に申し込んでいくのが正しい選び方と言えます。

 

 

 

銀行ローンをおすすめする理由は、銀行によって金利の開きが大きいからです。

 

低金利の銀行と高金利の銀行では、実質年率で5%以上も変わってくることがあります。

 

消費者金融の場合だとどの業者から借りても、金利に大きな開きは出ないのが普通です。

 

金利に大差がないのであれば、金利面で見るならどこから借りても一緒になってしまいます。

 

 

 

低金利カードローンは意外と取引先の銀行が提供していることも多いです。

 

低金利で借りるには大手銀行を選択肢にする方が多いでしょうが、銀行の規模と金利はあまり関連性がありません。

 

取引先の地元銀行で低金利ローンを用意していたという話はよく聞かれます。

 

消費者金融の金利は利息制限法の上限に近い設定になっていることが多いです。

 

50万円の借入においては年率で18.0%まで認められているため、多くの消費者金融では18.0%を上限にしているところが多いのです。

 

銀行ローンだと利息制限法の上限よりも低い利率を設定していることが多いため、特に長期の借入をする方にとって有利と言えるでしょう。

 

低金利で借りることで利息を抑えることができますから、ここは一番にこだわるべきポイントと言えます。

 

 

 

金利が同率の場合ならば、返済方法を比較してみましょう。

 

返済方法によって利息が変わってくるので、繰り上げ返済を容易に行えるローンを選びたいものです。

 

カードローンは日割で利息が算出されるので、元金を少しでも早く減らしたほうがお得なのです。

 

そのためには繰り上げ返済が効果的ですが、一部の金融機関では手数料が発生したり、繰り上げ返済のやり方が面倒だったりします。

 

カードでいつでも随時返済ができるローンが好ましいので、ここはよくチェックするべきでしょう。

 

借入額を調べるときは、いくらから借入できるのか調べておきましょう。

 

最低融資額が少ないほど、無理な借入をする必要がないので利息を抑える上で適しているのです。

 

 

 

低金利のキャッシングに借り換えると返済額はどのくらい変わる?審査が不安

 

借金の返済を難しくしてしまう原因の一つが金利です。

 

借金が膨らめば膨らんだ分、利息が大きくなってしまいますので、複数の消費者金融業者からお金を借りているような場合、利息の支払いだけでいっぱいいっぱいになってしまうようなことも珍しくありません。

 

こうした時に行いたいのが銀行系の低金利カードローンへの借り換えです。

 

しかし、借り換えは審査が不安なので今借りている消費者金融の金利を下げてもらえないものかと考える方もいるかもしれません。

 

ただ消費者金融カードローンの収入の柱の一つとなっているのが利息ですので、それを減らしてしまうような金利の引き下げは基本的に断られてしまうため、不可能と考えた方がよいでしょう。

 

ですので、低金利カードローンの借り換えサービスを展開している銀行系への借り換えをした方がよいのです。

 

ここで気になるのが銀行系は審査が厳しいから通らない可能性があるということでしょう。

 

もちろん多重債務で返済の延滞を行っていたり、安定した収入がないなどの理由があれば、銀行系の審査に通ることは難しいといえます。

 

ですので、この場合は、今借入れている消費者金融業者よりも低金利の別の消費者金融業者を探してみるのも一つのです。

 

昨今は、消費者金融の中にも借り換えローンサービスを展開しているところがありますので、銀行系ほどではありませんが金利を下げて、今よりも返済の負担を減らすことができる可能性もあります。

 

もちろん、こうした返済に関する問題がなく、きちんと支払い続けていたというような方であれば、銀行系の低金利カードローンの審査に問題なく通過することができるはずです。

 

なぜなら、借り換えというのは、元々の借金を新たに借りた融資金で完済するという方法ですので、これまで返済を行ってきた方は、金利を下げた低金利カードローンの返済も可能と判断されるからです。

 

金利が下がれば、それまで以上に返済が楽になりますので悪影響はでないといえるでしょう。ですので、あまり心配せずにまず相談をしてみることが大切です。

 

ただ低金利カードローンにかえることでどのくらい返済額が変わるのかは、現在、契約している金利と新たな金利の差にもよりますので一概にはいえませんが、100万円の借入を5年かけて返済する予定の場合、金利が3%下がることで5年間で10万円近くの支払い負担を抑えることができるようになります。さらに6%下がれば、20万円近くも抑えられるのです。

 

また毎月の返済額では、金利が3%下がれば1500円程度、6%下がれば3000円程度の差が出てきます。

 

これらは借入額を100万円と想定しての計算ですので、それほど大きな差と感じられないかもしれませんが、借入額が増えれば、それだけ大きな差が出ることを考えれば、やはり金利の差は大きなものといえるでしょう。

 

特に利息ばかり支払って元本がなかなか減らないというような状況に陥っているのであれば、こうした低金利カードーンへ切り替えることを検討した方がよいといえるのです。

 

カードローンの金利を下げるにはどうしたらいい?なるべく金利払いたくない

 

カードローンの金利を下げるためには、借り換えをするというのが一番の選択肢となるでしょう。大手の消費者金融で借りている人は、多くの場合に金利が18.0%となっていると思われます。低金利カードローンに借り換えをすることで、利息を大きく節約できる可能性があります。

 

低金利カードローンというと、銀行カードローンというイメージがありますが、信用金庫のカードローンなども選択肢に入ります。また、信販会社のカードローンでも、金利が3.5%〜9.8%といったような、とても好条件の商品が存在しています。

 

金利下げる方法を考えることも重要ですが、頻繁にATMを利用する人は、ATM手数料などにも注意をしておきましょう。また、人によっては銀行振込みで返済をすることもあると思われますが、銀行振込みの手数料なども、地方銀行への振込みなどでは500円を超えることもあるので、利息以上に手数料がかかってしまわないように注意が必要です。

 

借り換えの審査はそれほど厳しくはないと言われていますが、ケースバイケースです。例えば、とある会社で限度額80万円のカードローンを契約していて、そのうち40万円だけを借りていたとします。その時に、低金利カードローンの審査に申込みをした場合、希望限度額は40万円とすれば目的は達成されます。借入希望額が少ないほど、審査では有利になるでしょう。

 

それまでのローンの返済で延滞をしていないということも重要になります。1回でも延滞をしていると、信用情報に傷がついているので、審査で落とされる可能性が上がってしまいます。それまでのローンの返済で延滞をしていないことが最低条件であるという意見もありますが、年収が高い人など、総合的に属性が良い人なら、可能性はあるでしょう。しかし、不利になることは間違いないので、金利を下げることを考えている人は特に、期日を守って返済をするように気をつけておきましょう。

 

複数のカードローンで借りている人は、おまとめローンを借りるという選択肢もあります。3社から50万円、50万円、40万円を借りていて、1社で140万円をおまとめするというケースのように、おまとめローンでは借入額が上がってしまうので、審査はとても厳しくなる傾向があります。なるべく借金が少ないうちに、低金利カードローンへの借り換えを検討するのが良いでしょう。

 

最後の手段として、債務整理という方法もあります。債務整理のうち最もよく利用されているのが任意整理であり、基本的には将来利息を全額カットできる手続きです。任意整理をするとおよそ5年間ブラックリストにのってしまうという、それなりに大きなデメリットもあるので、よく考えて行いましょう。また、だれにでもできるというわけではなく、借金が返済困難になる可能性がある人でなければなりません。まずは借金問題に強い弁護士や司法書士に相談をして、メリットやデメリットについてよく説明を受けましょう。

 

 

カードローンの金利を比較する方法 一番安い金利で融資を受けたい

 

カードローンを利用するのなら金利比較は欠かせません。金利によって利息の負担が変わってくるため、申込みをする前には必ず確認しましょう。しかし、金利比較といってもどうやればいいのか分からないという声もあります。

 

そこで、効率よく低金利カードローンを探せる方法を紹介します。

 

そもそも金利とは、金銭の貸付における手数料や利用料のようなものです。返済をする際に借入額に利息を付けて返済をしますが、利息が所謂手数料に該当し、利息を割り出すのに金利が用いられています。

 

金利は一般的に年間の利率で割り出され、年間利率に変換したものが年利や年率と呼ばれます。カードローンの場合はこうした利率を実質年利(年率)で表示することが義務になっています。実質年利とは事務手数料、保証料、印紙代などの経営上の経費を含めた利率のことです。

 

例えば、実質年利が10%のカードローンで実際の金利が7%の場合は3%分が経費になっています。つまり、返済時には実質年利にて割り出した利息負担のみで別に支払う費用は発生しません。

 

実質年利は年4%〜18%というように各社基準の最低金利〜最高金利までで設定されており、利用状況に応じて金利が決定される仕組みです。一般的には借入額が大きいほど低い金利での借り入れができます。

 

低金利カードローンを探すのなら各社の実質年利を比較してみましょう。単純に金利が低いほど利息の負担も少ないため、例えば実質年利4%〜18%のA社と実質年利6%〜15%のB社を比較してみると、B社の方が低金利と言えます。

 

カードローンでは各社が設定している最高金利での貸付になることがほとんどです。その後、利用に応じて金利が下がることもありますが、初めての場合は最高金利での貸付になることを前提に考えておくといいでしょう。

 

すると、同じ金額を借りてもA社では年18%での融資になるけれど、B社なら年15%の融資を受けられると考えられます。

 

ただし、低金利になるほど審査は厳しくなっていきます。
審査に通過できないことにはカードローンの利用ができないので、自身の信用によっては低金利カードローンを選んでも本末転倒になってしまうので注意が必要です。また、1か月の内に3社以上の審査に落ちるとブラックになってしまい、数か月間はカードローン申し込みすらできなくなるので自分の審査条件に合う金融商品を選ぶことが大切でしょう。

 

すると人によっては低金利カードローンを利用できないこともありますが、返済方法を工夫することで利息の負担を最小限に抑えることが可能です。
利息は金利の他にも借入額残高と借入期間が影響します。そのため、短期での完済をすることで利息の負担を減らすことができるのです。それは言いかえると低金利でも返済が長期間に及ぶようになれば利息負担が増えるということでもあるので、計画性を持ったうえで必要な金額だけを借りて直ぐに返済するようにしましょう。