プランフリーローン審査の在籍確認審査基準 主婦でもお金借りたいとき

MENU

プランフリーローン審査の在籍確認審査基準 主婦でもお金借りたいとき

 

特に使途が限定されておらず、利用者が自由に使途を設定することができるようなカードローンを時に「プランフリーローン」などと呼ぶことがあります。また、同様のネーミングを商品名として採用しているカードローン業者もありますが、それらは明確に区別する必要があります。つまり、本質的な意味でプランの制約がない場合もある一方、名称のみ「フリー」と謳っておきながらいくつかの指定があるものが存在するという意味です。

 

分かりやすい違いで言えば、「事業性資金としての使用の可否」があります。現状、多くのカードローン業者は「事業性資金としての使用を制限する」という旨の規約を設定しています。法人、個人に関係なく事業資金として使用することはできない代わりに、プライベートな資金としてであれば自由に使うことができるという条件を定めていて、もしも事業資金として使用したい場合には、「事業資金プラン」などを選択しなければいけない場合もあります。

 

まずは、上記のことをよく理解したうえで、「専業主婦がカードローンを利用する方法」から考えていくことがポイントです。この二つを同時に処理しようと考えるのではなく、それぞれを個別に処理する方法を考えながら、最終的にどちらの目的も叶えられる方法を選択するような流れで進めていくと安心できます。それでは、まずは「専業主婦がカードローンを利用する条件」から見ていきます。

 

現在、ほとんどすべてのカードローン業者は「本人に安定した収入があること」を融資条件としています。それもそのはず、本人が収入を得ていない、または収入が少ない状態では借金を返済する能力が低くなってしまうことが明白であり、そういった状況の人にお金を貸すことが大きなリスクを孕んでいることが明らかです。

 

少額であればリスクは少なく済みますが、金額の大小に関係なく「返済能力が低い(無い)人に対して融資を行っても返済が行われない可能性が極めて高い」以上、あえてそれを行う企業はまずありません。もし、貸金業者のトップと個人的なコネクションを持っているなどの状況であれば分かりませんが、どこの誰ともわからない人であり返済能力も低いと見なせる相手にお金を貸すことは「自殺行為」といえます。

 

ということは、専業主婦は基本的にカードローンを利用することができないということになります。当然ながら、「専業」で主婦をしている以上は収入を得ていないわけで、無職と何ら変わりません。もっとも、主婦を職業として認識するような社会制度は存在しておらず、当たり前に「専業主婦=無職」として認識されます。ということで、専業主婦は自身のみの力でカードローンを利用することは不可能です。

 

しかし、それはあくまでも「自分一人の力ではカードローン契約を結ぶことができない」というだけで、他の誰かに力を借りることによってカードローン契約を結ぶことが可能になります。幸いにも、主婦には「配偶者」という存在が確実にあるため、この配偶者の力を借りることによってカードローン契約を結べる可能性が生まれます。このような仕組みを「配偶者貸付」と言います。

 

専業主婦がカードローンを利用する場合、必ずこの制度(配偶者貸付)を利用することになります。この制度を利用して本人だけでなく配偶者の信用能力、返済能力を総合的に評価された結果、融資が可能だと判断された場合にのみ契約を結ぶことができます。ただ、仮に配偶者が一人で申し込みをした場合と同じ結果になるかというとそうではなく、配偶者貸付を利用する場合には限度額が低めに設定されやすくなります。

 

また、配偶者貸付を利用するためには「配偶者の同意」が必須となる場合もあります。配偶者本人に直接確認されてしまう場合もありますが、多くは「同意書」の提出を持って同意を得ていると判断するため、本人に内緒で契約することも可能です。ただし、もしも返済が滞ってしまった場合の影響は配偶者にも及ぶことになるため、「絶対に失敗しない返済計画」を立てたうえで利用する必要があります。

 

その際、在籍確認は「配偶者の勤務先」に行われる場合が多いです。カードローン契約を結ぶうえで在籍確認は必須項目となる以上、避けては通れません。必ず配偶者の勤務先に在籍確認が行われるというわけではありませんが、書類の提出、配偶者がいる場において電話対応を行うなど、何らかの形で在籍確認が行われることだけは避けられません。

 

もし、どうしても不安な場合には「電話以外の方法で対応できるかどうか」を事前に確認しておいて、それが可能なカードローンに申し込みをすると安心できます。ただし、その場合は「配偶者貸付が利用できるかどうか」を忘れずに確認することが重要です。在籍確認が電話以外の方法で対応できるカードローン業者の多くは、いわゆる「消費者金融」です。しかし、消費者金融では専業主婦が契約できる候補がないので注意しましょう。