MENU

ソーラーローンと太陽光発電の利点 太陽光発電ローンの融資は借りれる?

ソーラーローンと太陽光発電の利点 太陽光発電ローンの融資は借りれる?

もしも太陽光発電を家に取り付けたい場合、初期費用分の資金がなければ、ソーラーローンが役立ちます。太陽光発電の設置は、まとまった資金が必要です。ですから、太陽光発電ローンを利用すれば資金調達が容易になります。

 

太陽光発電は、余剰分を売電することができるため、売電の収入でローンの返済をすることもできない相談ではありません。返済を容易にする工夫も、ソーラーローンについてはあります。ソーラーローンを扱っている会社は、銀行や信用金庫、信販会社のほか、メーカーや販売店でも扱っていることがあります。金利は長期プライムレート+1.5%であることが多いようで、低金利でのローンが利用できます。担保を必要としないところも多く、借りやすい条件が整っています。

 

ソーラーローンの条件は、太陽光発電にプラスして、オール電化にする工事も含まれていることが少なくないようです。風呂や台所など、オール電化の設備で暮らす人は、多くなっています。エコキュートや、IHクッキングを太陽光発電と同時に使うことで、より電気代を節約できる家に住むことが可能です。

 

ただし、太陽光発電の設置メーカーや、住宅メーカーが進めてくるソーラーローンが、必ずしも条件がいいとは限りません。太陽光発電のつけるためのソーラーローンを組む場合でも、どの会社から融資を受けるかは改めて情報を集まるといいでしょう。どの金融会社も、自分の所のローンが便利で良いと勧めますが、実際にはそれぞれの家庭によってといえます。ですから、太陽光発電設置の為に、ローンを組むならば、自分たちの条件なども出し合って、一番よいものを選びましょう。

太陽光発電の利点

ソーラーローンと太陽光発電の利点 太陽光発電ローンの融資は借りれる?

太陽光発電設備のためにローンの融資を受けるという方が、珍しくなくなってきています。

 

2つのカテゴリが、太陽光発電のローン会社には存在します。

 

ひとつは民間のローン会社から融資を受ける方法、もう一つは金融機関のソーラーローンを利用するといった方法があります。

 

金融会社によって金利は異なりますが、大体2.4%〜3.5%で融資を受けることができます。

 

家で使う電気を太陽光発電の電力にすれば電気代がカットされますし、余剰電力については電力会社に売ることが可能です。

 

また、償却年数が早く、壊れにくく、今なら国からの補助金でつくることができるという魅力もあります。

 

ローンを組んでいても、太陽光発電ができる家が欲しいという人が多いことも頷けます。ただし、太陽光発電設備をつける時には、業者任せにしていては思わぬ損をしてしまうことがあります。

 

太陽光発電の設備を扱う企業も多いですが、ある程度の知識を自分でも持っていなければ、取り付けやローンの手続きに不便が生じます。

 

また、太陽光発電をつける時には、日照時間を確認する必要があります。

 

なぜかというと、必要であれば屋根の向きを変えるなどの小路が必要になるためです。

 

ですから、事前に十分なシミュレーションをしておく必要があるでしょう。

 

どういった見通しで太陽光発電を取り付け、ローンを利用するかは、自分で考えられるようにしておくことが求められます。

 

太陽光発電の設備は、値段も高い物ですから、ローンを組む前に、その有効性についても勉強しておきましょう。

 

そして、太陽光発電の設備が、実際に自分の家にとって必要な物かどうかを、ローンを組む前に確認しましょう。

太陽光発電ローンの融資

ソーラーローンと太陽光発電の利点 太陽光発電ローンの融資は借りれる?

自宅に太陽光発電設備を取り付けるために、ローンを組みたいという人はふえています。

 

太陽の光から電気を作るための設備が、太陽光発電設備です。

 

家庭用の様々な電化製品に、電力を供給し、余った分は電力会社に送電して、電気を買い取ってもらうことができます。

 

太陽光発電設備を取りつけるにはまとまったお金が必要です。

 

ですから、その太陽光発電設備を設置する為に、ローンを利用するという方法が一般的です。

 

よほど問題がなければ、ローンの審査は通るようです。

 

しかしながら、年収が150万円〜200万円以上で安定していること、団体信用生命保険に加入することなどの条件があります。

 

また、他の金融会社のローンを利用していたり、クレジットカードの滞納歴があると、審査の段階で断られてしまうことがあります。

 

この他、勤続年数が2年以上ないと、審査で難色を示されることもあると言われています。

 

太陽光発電ローンだけではなく、一般的なローンでも、勤務年数が少ないと、審査に通りにくいといわれています。

 

また、太陽光発電ローンを利用するには、完済まで責任を持って支払いをするであろう人物であると判断される必要があります。

 

年齢を重ねている人は、ローンを返しきるまで健康でいられない可能性も考慮されます。

 

自分の所有財産である家と土地に住んでいるかや、固定電話を引いているかも、ポイントです。

 

太陽光発電ローンの申込みをする時は、

 

返済可能なキャッシングは返済を済ませておくなど、ちょっとした心がけが明暗を分けることがあるようです。

 

また、太陽光発電ローンをくむ金融会社によっても、審査が通りやすいかどうかが変わってきますので、

 

まずはきちんと情報収集しましょう。