みずほ銀行カードローン勤務先連絡あり?在籍確認が不安な方に

MENU

みずほ銀行カードローン勤務先連絡あり?在籍確認が不安な方に

 

急に大雨が降った。急に大雪が降って家に帰れない・・・

 

そんな時にタクシーを利用したいですよね。しかし、自宅まで帰るのにタクシーを使うと5000円〜1万円かかってしまう。

 

こんなときに、みずほ銀行のカードローンを使えば無事に家まで帰れます。

 

注目するのがキャッシング即日融資。申し込んだその日にお金を借りられる大変便利なサービスです。

 

キャッシング即日融資なら、家に帰ろうと思ったその時に申し込みをしてみましょう。

 

審査もあっという間に終了してくれるので、すぐに家に帰れます。

 

しかも在籍確認のないのが特徴。お金を借りたことが、いちいち家族に知られてしまったらめんどくさくて仕方がありませんよね。

 

みずほ銀行のカードローンなら、家族にお金を借りた時に、借りたことを知られることもなく穏便にお金を借りられます。

 

金利もまずまずの値段で、10%を切る価格。これなら使いやすいですよね。

 

さすが金融機関のトップ、メガバンクのみずほ銀行といった感じですよね。

 

急に天気が変わって帰れなくなってしまった時、タクシーを使って帰りましょう。

 

そんなときにはみずほ銀行のカードローンでお金を準備しておいてください。

 

すぐに返せば何の問題もありません。お金があってもなくても便利なのがみずほ銀行のカードローンです。

 

みずほ銀行のカードローンにネット申し込みをしました

 

タブレットPCを購入するためにみずほ銀行のカードローンに申込をしてキャッシングをしました。

 

みずほ銀行のカードローンはネットで申し込みをすればキャッシング即日融資もできるかもしれないということでしたし、

 

日本全国に進出している大きな銀行なので信頼感があり、

 

実際に私自身がみずほ銀行の預金口座を持っていて給与振込口座として使っていたのでみずほ銀行のカードローンを選びました。

 

申込は日曜日の夜中にスマホで行い、翌日の午前中に会社に担当者の方から在籍確認の電話がありました。

 

最初に電話をとった人には銀行名だけを名乗り、要件を伝えなかった脳なので、同僚にはカードローンの申込をしていることがバレずにすみました。

 

でもできれば銀行名さえも名乗らずにすぐに私に変わるように言って欲しかったです。

 

在籍確認の電話が済んだ後は、すぐにカードローンが使えるようになりました。普通預金のキャッシュカードにカードローンの機能が加わったからです。

 

仕事が終わった後にミニストップに寄って早速カードローンを利用してみたのですが、何の問題もなくキャッシングができました。

 

限度額を30万円で申し込んだので書類を出す必要もありませんでしたし、

 

みずほ銀行に行く必要もなく、またローン用のカードが郵送されることもなく、楽に申込ができたことが期待通りで良かったです。

 

意外と簡単!みずほ銀行カードローン!

 

銀行系カードローンはそもそも、審査が厳しいイメージがありますがそんなことはありません。

 

みずほ銀行のカードローンは、比較的審査が簡単です。

 

まずは、みずほ銀行の預金口座がある方は、手軽にATMで申し込めます。

 

ATMで申し込んだ場合在籍確認はありませんでした。収入証明もいりません。電話での連絡も来ません。

 

年収を少し多めに書いた方が良いかと思います。

 

融資枠についても何も言わず50万円でした。

 

利息に付いては年利14%で消費者金融よりも安いです。

 

支払いは50万円まで、毎月金利込の1万円固定で引き落とされます。

 

任意での返済も可能ですが万単位での返済しかできないので千円以下の端数は引き落としの返済です。

 

もちろん即日融資していただけました。ATMで契約終了後すぐに使用できます。キャッシングは1万円単位でした。

 

預金口座さえあれば返済は決められた日に口座から引き落としになりますので払い忘れがなく便利だと思います。

 

カードもただのキャッシュカードなのでカードローンが使えるかどうかは自分以外わかりません。

 

誰にも会わず銀行のカードローン専用の個室みたいな所に行かなくても個人情報がキャッシュカードから読み取れるので周りを気にしなくて済みます。

 

預金口座で給料の振込や支払いの引き落とし口座にしてあると尚通るかももしれません。

 

他銀行のカードローン(三井住友銀行)は在籍確認があります。

 

銀行名で連絡がきます。登録の電話番号に電話も来ます。

 

みずほ銀行のカードローンの詳細。

 

みずほ銀行のカードローンには審査があります。

 

借り入れの最高額は1,000万円です。

 

審査の中に勤め先へ在籍確認の電話があります。

 

キャッシング即日融資をしたいのであれば

 

みずほ銀行の口座があればwebで申し込みでも午前の内にwebにて申し込みをすれば即日融資が可能です。

 

またみずほ銀行のキャッシュカードを持っていない方は1?2週間かかります。

 

借り入れの額が200万円以下だと収入証明書は不要です。

 

審査の基準は契約者が20歳以上で66歳以下です。

 

安定してちゃんと収入があることと、オリコから保証される事もです。

 

専業主婦でも配偶者が定期的に収入があればその証明書があれば審査は通ります。

 

金利は借りる額に応じて違ってきます。

 

200万円ー300万円未満の方は年間で7%です。

 

300万円ー400万円未満の方は年間で6%です。

 

400万円ー500万円未満の方は年間で5,5%です。

 

500万円ー600万円未満の方は年間で5,0%です。

 

600万円ー800万円未満の方は年間で4,5%です。

 

800万円ー1,000万円の方は年間で3,5%になります。

 

明らかに借りた方がいい感じがします。

 

消費者金融ではありえない金利なのと借り入れ出来る額が圧倒的に高いです。

 

みずほ銀行キャッシング審査通過の口コミ

 

私は、大学を卒業し、現在の仕事に就職して3年間働きました。いろいろと仕事で頑張ってきましたが、現在では仕事も落ち着いて、趣味にお金を費やすことが多くなりました。バイクでツーリングを楽しむようになりました。バイクでツーリングをする際には、バイクとガソリンだけが必要というわけではありません。いろいろと部品やパーツが必要となるし、遠出もするので旅費も必要となってきます。

 

ネットで知り合った仲間といろいろなところに行っているのですが、もちろんそういった費用は自分で支払わなければいけません。

 

普段は給料だけでも間に合うことが多いのですが、突然の故障などの対処をする際には、どうしてもお金が必要となってしまいます。

 

給料でもらっている額だけでは、修理費用と趣味のツーリングの際の旅費や部品代などが捻出できなくなるので、そろそろカードローンなどが必要かなと考えるようになりました。

 

知り合いに相談したところ、カードローンを作る際には、口コミなんかでいろいろと調べてみることをお勧めされました。

 

利率とか使いやすさとかは、実際に使ってみたという口コミを確認することが一番だと言われ、実際にインターネットで様々なカードローンを取り扱っているサイトを調べてみました。

 

カードローンを取り扱っているサイトを探し、口コミを確認してみたところ、みずほ銀行カードローンが私に合っていると思いました。

 

丁度みずほ銀行の口座も持っていたので、早く利用することができますし、口座を持っているので、インターネットでWEB完結申込をすることができました。

 

インターネットから申込フォームに自分の情報を入力して、送るだけで、すぐに診査をしてもらえるということでとても便利だと感じました。

 

口コミでは、結構早く審査が終わったということも多く書かれていたのですが、実際のところどうなんだろうと思っていたところ、本当に早く審査が終わり、メールで結果が届きました。

 

早いとは言え、そんなに早くは来ないだろうし、1,2週間くらい気長に待てばいいか程度に思っていたのですが、とても早く審査が終えたのでびっくりしました。その後、契約完了のメールがとどきました。

 

現在使っているcardで借り入れ機能が追加されることで、そのまま現在持っているカードで借り入れができるということなので、とても便利だし、新たなカードが増えないので、財布の中にカードが増えないからとても良いと思いました。

 

最近になって、バイクが故障をしてしまい、少しお金が必要になったときにカードローンを利用させてもらいましたが、本当に、今まで使っていたカードでそのまま借り入れ機能が追加されており、それによって、お金を借りることができました。

 

カードローンはとても便利なので、現在ちょくちょく使わせてもらっております。カードローンは私の趣味の充実を以前よりも高めてくれる存在となりました。本当に利用してよかったです。

 

 

 

みずほ銀行キャッシング在籍確認はどんな感じ?勤務先に連絡来る?

 

みずほ銀行カードローンの在籍確認ですが、当然ながら勤務先に連絡がきます。

 

この在籍確認というのは何とかして回避できないものかと思っている人も多いのですが、これは考え方を変えてみるべきでしょう。

 

まず、電話があるとはいうものの、カードローンの申し込みであることは口には出しません。

 

銀行名は名乗るかもしれませんが、その場合にはみずほ銀行というネームバリューが物を言うことは間違いないでしょう。

 

社会人であればみずほ銀行に口座を開くなど、取引があって何らおかしいことではありません。

 

口座開設でも、銀行が発行するクレジットカードの申し込みでも、とにかく適当な言い訳がしやすいというのが最大の利点になることは間違いありません。

 

 

もちろん、カードローンのことは言わなくても、勘のいい人であれば感づくことはあるかもしれません。

 

もちろんそれは否定できませんが、だからといって何か証拠があるわけでも何でもなく、押し通せばよいだけの話です。

 

 

一番良いのは自分自身が電話に出ることですが、いつ電話が勤務先にあるかは予測できませんので、これは難しいでしょう。

 

気になるようなら、上に書いたようなことをそれとなくでも同僚に吹き込んでおけばよいでしょう。

 

もし同僚が電話に出た場合、自分も席にいれば代わってもらうだけのことであり、別に問題となるようなことはありません。
もし問題になるとすれば、それは自分が電話に出られない状態のときでしょう。例えば会議であるとか、営業活動で外回り中、出張中などが考えられます。

 

ただこのような場合でも、最近では会社から個人に業務用の携帯電話が貸与されている人も多いかもしれません。そういう場合は全く問題はなくなります。

 

要は、みずほ銀行カードローンの申込書には、勤務先の電話番号としてその個人貸与の携帯電話番号を書いておけばよいだけのことだからです。

 

 

だいたいにおいて、在籍確認というのは気にしすぎる人が多いのです。

 

多くの場合は何でもないか、もっと言えば本人が気づかないうちに終わっていることも多いくらいです。

 

気にしすぎるあまり、やってはいけないことをやってしまうほうがよほどの問題ですので、そのことを警告の意味でここに書いておきましょう。

 

こういうことは、もしばれてしまえば、それこそみずほ銀行カードローンどころか、今後他のカードローンも一切借りることができなくなってしまう可能性がありますので、決してやってはいけません。

 

まず、連絡先の電話番号として、勤務先のものではなく、個人的な携帯番号などを書くことです。

 

最近では携帯を2つ以上持っている人も多いでしょうが、一つを個人連絡先、もう一つを勤務先の連絡先と勝手にしてはいけません。

 

自分としてはそのつもりでも、これでは在籍確認にならないことは客観的に見て明らかだからです。

 

 

さらには、勤務先そのものを偽るようなことも決してしてはいけません。そういうことをしても、審査のプロにはすぐに分かってしまうものなのです。

 

 

 

みずほ銀行キャッシングは主婦や学生、派遣でも借りれる?

 

みずほ銀行カードローンは主婦や学生、派遣であっても借りられるのか気になっている人もいるかもしれません。

 

実際、どのようになっているのか見てみましょう。まず主婦ですが、これは一般的には難しい場合も多いのですが、

 

みずほ銀行カードローンの場合は借りることができます。銀行のカードローンであるため、いわゆる総量規制の影響を受けないためです。

 

総量規制の影響を受けるようなカードローンの代表は消費者金融のカードローンですが、

 

この場合、本人の年収の三分の一までしか借りることができません。

 

専業主婦の場合、いくら夫に収入があったとしても、

 

本人には収入がないのですから、消費者金融からは全く借りることができなくなってしまうのです。

 

これは消費者金融が別に意地悪をしているのではなく、そういう法律になっているからです。

 

ところが銀行のカードローンはこの規制の影響を受けません。ですから借りることができるのです。

 

この場合、別に夫の同意も要りませんし、夫に対して連絡が行くこともありません。

 

ただ、借りることのできる限度額は夫の年収の三分の一までとはさすがに行きません。

 

みずほ銀行カードローンの場合は30万円程度までとなっていますが、ひとまずは十分な金額といえるでしょう。

 

なお、同じ主婦であっても、自分も仕事をしている人の場合はこのような心配は全く不要で、もちろん借りることができます。

 

自分の勤務先や年収を元に審査を受けることになりますから、フルタイムで働いている人の場合は限度額30万円ということもなく、

 

より高額の融資を受けることも可能です。

 

学生の場合ですが、これはアルバイトをしていることが最低条件となります。

 

専業主婦とは異なり、たとえ同居家族に十分な収入があったところでそれは考慮してもらえません。

 

あくまで本人に安定した収入があることが必要になるのです。

 

そして、この安定した収入というのがかなり高いハードルになるかもしれません。

 

ある月にたまたま集中的にバイトをしてそれなりの収入を手にしていてもだめです。

 

長期にわたって安定的にアルバイトをしていて、毎月ほぼ決まった金額の収入を得ている必要があるのです。

 

長期というのはどれくらいはは難しいところですが、せめて半年くらいは必要でしょう。1ヵ月や2ヵ月では安定とは呼べないのです。

 

なお、学生の場合、19歳以下の人はどれだけ収入があってもお金を借りることはできません。

 

未成年者との契約ができないことになっているからです。その意味では別に学生ではなくても、

 

例えば高卒で就職しフルタイムで働いている人であっても、19歳以下の人はお金を借りることはできません。

 

派遣社員に関してはほぼ問題となることはありません。派遣社員であっても毎月の収入はほぼ安定しているでしょう。

 

ですからみずほ銀行カードローンでお金を借りることができます。少なくとも主婦や学生ほどに問題になることはまずないと言えるでしょう。

 

 

 

みずほ銀行キャッシング即日融資可能?初めてのキャッシングで不安

 

急な出費が続いて手持ちの現金が不足してしまったときはキャッシングを利用するという方法があります。

 

初めてキャッシングを利用するときは何かと不安になる方が多いでしょうが、消費者金融業者ではなく銀行を選べば初めての方も安心して申し込みができるでしょう。

 

都市銀行の中でも大手のみずほ銀行では、便利なカードローンを用意しています。みずほ銀行カードローンなら即日融資が可能ですし、インターネットを通して手軽に申し込みができるので、急な出費があって急いでいるときも安心です。

 

みずほ銀行カードローンには大きく分けて5つのポイントがあります。

 

1つ目のポイントは最短で即日利用ができることでWEB完結申し込みなら即日入金が可能です。

 

24時間いつでも受け付けていますから、仕事で忙しい方やすぐに利用したい方に最適です。

 

ただ申し込みの時間帯によっては翌営業日以降になる場合もあるので、早い時間に申し込み手続きを済ませましょう。

 

2つ目のポイントは最大の利用限度額が1000万円に設定されている点です。生活費としてだけでなく、旅行にでかけたり趣味を楽しむ費用に充てることもできるので、いざという時に一枚カードがあると便利です。

 

3つ目のポイントはキャッシュカードですぐに利用できることです。みずほ銀行カードローンは普通預金のキャッシュカードでも利用できますし、カードローン専用のカードを作ることも可能です。普段使用しているキャッシュカードで利用したい場合は、カードローン口座を開設すればすぐに利用できて便利です。

 

4つ目のポイントはATMの時間外手数料や利用手数料、振込手数料が無料になっていることです。みずほ銀行のATMを使えば時間外でも手数料が発生しませんし、コンビニATMでも月4回までは時間外手数料と利用手数料、振込手数料が無料になります。

 

5つ目のポイントは収入証明書が不要なことで、利用限度額が200万円までなら収入証明書を提出する必要がありません。

 

既にみずほ銀行で口座をお持ちの方なら最短で即日利用が可能ですし、銀行口座を持っていない方でも最短で即日審査と口座同時申し込みが可能です。

 

みずほ銀行に口座をお持ちの方が申し込み手続きを行う際は、申し込みの画面に必要事項を入力し内容に基づいて審査が行われます。

 

その後メールにて審査結果を受けたら必要書類を登録します。本人確認書類をカメラ撮影したら、登録用のURLの画像を登録するだけで構いません。カードローン口座開設の連絡が届いたらすぐに利用できます。

 

みずほ銀行カードローンで借入したお金を返済するときは、3つの返済方法から選べます。

 

自動引き落としの場合は毎月10日に前月の10日現在の利用残高に応じて残高スライド方式によって返済用普通預金口座から引き落とされます。

 

ATMを利用する場合は全国のみずほ銀行ATMやコンビニATMなどで随時返済ができます。

 

みずほダイレクトを利用している方は、任意でパソコンやスマートフォンなどから返済できます。

 

 

みずほ銀行キャッシングは誰にもばれずにお金借りれる?来店不要?

 

誰にもばれずにお金を借りたい場合は、みずほ銀行カードローンが選択の候補に挙がります。

 

みずほ銀行カードローンは、来店不要かつネットで申し込み可能ですから、誰かに姿を見られたり知られる心配がありません。

 

ただ、ネットの接続履歴は端末に残るので、家族に見られる心配がある時は、端末から履歴を削除することが、誰にもばれずにお金を借りるコツといえます。

 

一方で、審査結果の通知は申し込み方法によって異なりますから、事前に確認してから申し込みを行うことが大切です。

 

郵送申し込みは、申し込み書類がみずほ銀行に到着してから翌営業日、電話での申し込みなら2、3営業日後に審査結果が伝えられます。

 

また、ネットであれば最短で即日、申し込みのタイミングが遅くても、原則として翌日には結果が分かるので安心です。

 

つまり、ネット申し込みは審査が早く、来店不要で誰にもばれずに融資が受けられる、その可能性がとても高いと考えられます。

 

所が、みずほ銀行カードローンの審査には、申し込み書類による仮審査と、本人確認や在籍確認を行う本審査の二つがあります。

 

前者は書類上の審査なので、申し込み内容に不備さえなければ、比較的簡単に通過することが可能です。

 

勿論、書類の内容に間違いや嘘がなく、安定している収入源であったり、

 

現在の借り入れに無理が発生していない等の前提は必要です。

 

 

 

しかし、みずほ銀行カードローンの審査が特別厳しい、といったことはありませんから、

 

これらの内容に問題がなければ心配は要りません。

 

誰にもばれずに融資を受けることを絶対条件として、来店不要でお金を借りたいのであれば、

 

みずほ銀行カードローンのネット申し込みをおすすめします。

 

審査は基本的に即日で、本審査で勤務先に在籍確認が行われる可能性はありますが、

 

借り入れの審査だとばれる心配はないので大丈夫です。

 

 

在籍確認の方法は電話で、担当者は個人名を名乗って、電話に出た人に申し込み者の在籍を尋ねます。

 

勤務先の在籍が事実であれば、これで在籍確認は完了しますから、

 

誰から電話が掛かってきたという程度で、あれこれと追及されることもないでしょう。

 

問題は自宅に郵送される書類の方で、

 

これが誰にもばれずにみずほ銀行カードローンが利用出来るようになるか、それを決める分かれ道となります。

 

郵送の封筒には、みずほ銀行の名前が入っていますが、開封しなければ内容まではわかりません。

 

家族が無断で開封するなら話は別ですが、書類を受けとって渡してくれるだけなら、

 

口座開設に関する書類だと説明することが出来ます。

 

小さな嘘は含まれますが、誰にもばれずにお金を借りたいのであれば、

 

必要だと考えて上手く説明することが求められます。

 

郵送で送られる書類の説明がネックとなって、

 

借り入れの申し込みに迷う場合は、お金と僅かな嘘を天秤に掛け、最終的にどちらかを選ぶことになります。

 

書類の郵送を完全になくすことは出来ませんが、必要最低限のハードルだと考えれば、決して乗り越えることが不可能ではなくなるでしょう。

 

従来の借り入れに比べれば、みずほ銀行は来店不要で気軽に審査を受けやすく、

 

借り入れが発覚するリスクが小さいので安心です。